HOME>Column>大学進学を考えた時に気になる大学費用について知ろう

大学進学を考えた時に気になる大学費用について知ろう

授業

私立大学と国公立大学の授業料について

子供には、希望する大学や学部に進学をさせてあげたいところですが、お金の問題は避けては通れません。大学費用は、入学時に支払う入学料、毎年度にかかる授業料に大別されますが、私立大学と国公立大学でかなりの差があります。国立大学はかつては一律に同じ金額で、国立大学法人化以降も標準額の定めがあり、基本的には横並びでしたが、少し差が出てきています。それでも。入学料が約30万円、1年度の授業料が約50万円強で、合わせて80万円を超えます。公立大学は入学料が高く、国立大学より100万以上高い930万円程度です。一方、私立大学は文系学部で1100万円、理工学系で1500万円を超えます。これが医学、歯学系の学部においては4000万円をはるかに上回ります。医学、歯学系の学部の場合は、6年間通わないと行けませんので、その分お金が高くなりますが、国立大学が基本的に学部間での差がない現状と比較すると私立大学ではかなりのお金がかかることがわかります。全入時代になった現代では、大学側も一定のレベルを有する学生を確保しなければなりませんので、厳しい面があります。

勉強道具

奨学金制度を利用しよう

大学費用には、多額の金額がかかりますので、親にとってもかなりの負担となります。授業料免除と並んで有効な方法として奨学金制度の活用があります。給付型の奨学金であれば返済の必要はありませんが、現在は貸与型の奨学金制度ですので、卒業後には返済しなければなりません。成績によって無利息、有利息に分かれますので、怠りなく学業に励まないと返済額が多くなってしまいます。この最近は、奨学金の返済に苦しむ若い世代のことが話題になっています。勉強は続けたいけれど、お金がないために学業を断念することはあってはならないことですが、その後の負担を考えると厳しいところがあります。資源に乏しい日本は人材こそが資源ですが、教育、研究に投入される国費も年々削減されています。