HOME>Column>通信制高校で自分のペースで学ぶ【やりたいことをしながら通える】

通信制高校で自分のペースで学ぶ【やりたいことをしながら通える】

女子大生

通信制高校が一般的な高校と異なる点

学校へ通い続ける一般的な高校とは違って通信制高校は自宅学習がメインです。ただし、対面式授業を一定時間は受けなくてはなりませんので、まったく学校へ通わないわけではありません。それでも、周りに合わせて勉強する必要はなく、自分のペースでじっくりと勉強できますから授業についていけなくなる心配が一般的な高校と比べると少なくて済みます。今ではオンライン学習ができるようになっていますので、スマートフォンなどで授業を受けることができたりもします。それも時間に縛られることなく、動画を見ることができるようになっているので時間をうまく活用できます。レポートの提出をしたりしますし、わからないところを質問することもできるので安心して勉強できます。

ノートを取る

普通高校から編入も可能

普通高校に通ってはいたものの、様々な理由で中退した人も通信制高校に編入することもできます。普通高校を退学した場合、そこで取得した単位を引き継ぐことができますので、1年生から始めなくてはならないわけではありません。編入であれば、単位がすでにある程度取得できた状態ですから、卒業しやすいはずです。編入する際には面接や筆記試験などを受ける必要はありますが、選抜テストという意味合いではありません。生徒の現状を把握するために行われるという意味合いが強いです。一度は、高校を卒業することをあきらめた人であっても、通信制高校に編入して卒業すれば高卒扱いになります。高卒扱いとなれば大学や専門学校も受験できるのであきらめないでください。